不調を感じた時は

不調を感じたらリラックス

リラクゼーションでばいばい

季節が移り変わる昨今、体の怠さを感じませんか?特に今年のような、暑い寒いがころころ入れ替わるような、落ち着かない気候では、自律神経の働きもうまくいかないのではないでしょうか?自律神経とは、オンオフの入れ替えスイッチです。このスイッチがうまく働かなくなると、しゃきっとしなければならない時に怠くて、休まなければならない時に、やたらと目が冴えてしまったりと、チグハグな事ばかり、体も休みようがありません。あんまりひどくなる前に、リラクゼーションで気持ちも体もリフレッシュしませんか?お仕事でたまった目の疲れだって、リラクゼーションですっきりしてからお休みすれば、きれいさっぱり吹き飛びます。世界で、ただ一人の自分を、労ってあげてください。

疲れた目をリラックスさせる方法

パソコンやテレビを見たり、細かい作業を長い時間続けてしまうと、目の血管の血流が悪くなりしょぼしょぼします。そのような時には、遠くと近くを交互に見たり、まばたきを繰り返したり、眼球を上下左右に動かしたりして血流を復活させます。そして、熱めのお湯に浸して絞ったタオルで目を覆うのが、気持ちのいいリラクゼーション方法です。首や肩こりが伴っていることが多いと思うので、首や肩のマッサージをしてほぐしたり、頭頂部にある百会のツボを押したりします。できることなら、心が落ち着くアロマの香りをかぐことで、より良いリラクゼーションとなります。

↑PAGE TOP